5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

知っておきたい!道産子が教える北海道の地ビール7選

旅行

知っておきたい!道産子が教える北海道の地ビール7選
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

地ビールとは?


地ビールとはそもそも何でしょう?
「ご当地ビール」「地域活性」色々な考え方があります。
ここで、定義を載せておきます。

全国各地に誕生した地域密着・小規模醸造のビール会社による、地方ローカルブランドのビールを指す。2000年代に入ってからのブームでは、クラフトビールと呼ぶことが多い。

出典 http://ja.wikipedia.org


つまり、大手企業のビールではなく、その地域のカラー、特色を生かしたビールと言えますね。それだけに、様々な種類がありビール好きの人には楽しみでもあると思います。


おススメの北海道地ビール


では、ここから道産子がおススメする地ビールをご紹介していきます。


1)はこだてビール

はこだてビール


はこだてビールでは、1996年12月18日のオープン以来、欠かさずにこだわり続けていることがあります。それは、函館山の麓へ地下水を汲み上げにいくことで、それは毎朝、雨の日も雪の日も毎日続きます。

はこだてビールの原料は、こうした水へのこだわりや香り漬けとなるホップ、色づけや味・アルコールとなるための醗酵を助けるモルト、アルコールとなるために大切な酵母、これらの絶妙なバランスと、 あとは醸造するスタッフの勘が頼りとなり作られています。
タイプは4種類で、「五稜の星(ヴァイツェンビール)」「明治館(アルト)」「北の一歩(エール)」「北の夜景(ケルシュ)」、それぞれが個性豊かな味と香りを持ち、飲み比べも楽しいです。地元のビアホールでは、手頃なグラスに注がれた飲み比べ用のセットも用意されています。


2)網走ビール

網走ビール


網走ビールの特徴はなんといってもそのカラフルな色合い。こんなビールがあるんだと初めて見る人は大抵驚きます。
ブルー、ピンク・・・
本当にきれいで飲むのがもったいないと思うほど。
この美しい色合いを出すのはとても大変で、また泡立ち泡立ちを出すための工夫も凄い。ブルーの「流氷ドラフト」に関しては、なんと「長芋」を使用しているんです❗このこだわりが根強いファンを魅了しているのかもしれません。




【流氷ドラフト】
シベリアから遥々1000kmの旅を日本へしてやってきた流氷を仕込み水に使用したブルーの発泡酒です。
オホーツクの空・海・流氷をイメージした「オホーツクブルー」をコンセプトに、クチナシから採れる天然の色素を使用した澄み切ったブルーが印象的ですね。




【知床ドラフト】
世界自然遺産として登録されている知床(しれとこ)の雄大な大自然を表現したグリーン色の発泡酒です。
新緑の季節に似合うさわやかな「香り」にこだわり、あえてホップの使用量は控えめにして、数ある香気成分の中からこの発泡酒に合う香りを選んでいます。透明感と深みのある色は、クチナシの花から抽出された天然色素です。




【桜桃の雫】
オホーツク海からの風を受けて育った力強い香りと甘み、 豊かな味わいが特徴の網走産さくらんぼを原材料に使用したチェリービアです。
さくらんぼのフルーティーな甘みと爽やかな香りをお楽しみいただけます。




【監獄の黒】
網走監獄をイメージした、黒ビールです。
通常よりも初期糖度を上げて製造することで最終糖度も高く仕上がり、まろやかな口当たりを実現。上面発酵によって醸造された上質なスタウトで香味豊かな仕上りのビールです。




【ABASHIRI PREMIUM】
サッポロビール・東京農業大学の協力を得て作られた、網走産ポップと麦芽を100%使用したプレミアムビールです。
一部に自家焙煎された麦芽を使用することでより旨みを引き出し、苦味・香り・甘みのバランスがとれたビールになっています。



3)小樽ビール

小樽ビール


小樽ビールのおいしさになぜ定評があるのか。お土産に買って帰る人も多く駅や空港でも良く売られています。そのおいしさは製法に秘密があります。伝統的な醸造方法や優れた設備を
誇りにしています。
小樽ビールは、水、麦芽、ホップ、酵母のみでビールを醸造する「ビール純粋令」により200年以上前から受け継がれた醸造方法を用いています。
この伝統的な製法を小樽ビールが採用する理由は、大量生産される現代のビール製造方法でのビールに比べ、遥かに品質の高いビールを醸造することができるからです。最高品質の地ビールを造り続けるため、小樽ビールではこの伝統的な醸造製法を続けています。




【ピルスナー(Pilsner)】
ビールの本場ビルゼンで発祥したのがピルスナーです。当時のビルゼンで行われていた伝統的製法で醸造されています。0度以下でゆっくり熟成した酵母は自然に沈下していくので、セラミックろ過をしていません。手間暇をかけた結果、独特のなめらかさと喉ごしがある仕上がりになっています。

・アルコール度数:4.9%
・ボディ:ライト
・酵母:下面発酵
・熟成期間:8週間




【ドンケル(Dunkel)】
バイエルン地方でポピュラーな濃色のビールがドンケルです。クリーミーな泡立ちと、カラメルフレーバーが特徴です。 カラメル麦芽をふんだんに使い、ダブルデコクションというドイツの伝統的醸造方法で造られており、自然の恵みを最大限生かした伝統製法で完成したビールといえます。

・アルコール度数:5.2%
・ボディ:ストロング
・酵母:下面発酵
・熟成期間:4週間




【ヴァイス(Weiss)】
小麦麦芽と大麦麦芽を使った爽やかなのどごしのビールがヴァイスです。バナナ風味とコクのあるモルトの味わいは夏にお勧めとされます。 ドイツ・バイエルン地方の醸造法により、原料の麦芽に占める小麦の割合を50%以上使用、自家製酵母を加えてオリジナルの香りを出しています。同社ビールに比べ10倍の酵母を含むことも特徴の一つ。 

・アルコール度数:5.4%
・ボディ:フルボディ
・酵母:上面発酵
・熟成期間:2週間



4)石狩番屋の麦酒

石狩番屋の麦酒

札幌市のベッドタウンとして成長してきた石狩市で生まれた『石狩番屋の麦酒』は、時代によって経営は変われど、現在の名称とブランドで親しまれています。
最大の特徴は、北海道岩内湾沖300m以深の極めて低温で清浄、ミネラルが豊富な「日本海岩内海洋深層水」を仕込み水に使用していることになります。




【ヴァイツェン】
小麦麦芽を使ったフルーティーで香り豊か、ホップの苦みが少なく優しい口当たりです。生きた酵母がそのまま残っているミネラル豊富な未濾過ビールです。




【レッドエール】
赤みのあるボディで、麦芽由来の甘さ、香ばしさに加えてホップの苦みも有る、まったりとした味わいです。




【ゴールドラガー】
北海道石狩産の米ほしのゆめ「加夢加夢」を使った、すっきりとしたやわらかい風味と麦芽の深い味わいが融合しています。




【カナストーリー】
日本地麦酒工房と、藤女子大学のコラボレーションビールです。飲み易くてあっさり、ボディはピンク色。 女性に飲んでもらいたい逸品です。



5)札幌開拓史麦酒

札幌開拓史麦酒


札幌市中心部からほど近い場所にある「サッポロファクトリー」、開拓使にはじまる日本のビール産業の発祥の地です。ランドマークである黒い大きな煙突とともに、大正時代につくられたレンガの建物 内部には、実際にビールをつくっている仕込み釜などの醸造設備のほか、ビール醸造についてのパネル、麦酒醸造所誕生の物語を秘めた貴重な写真資料などを展示しています。 この歴史を感じながら明治9(1876)年サッポロビール創業当時のビールを再現している味わえるのが、「札幌開拓史麦酒」です。




【開拓史(ピルスナー)】
サッポロビールが創業当時に醸造していた味を再現したビールです。サッポロビールの創業は明治9年(1876)、開拓使の時代当時の味わいです。




【クラーク(アルト)】
ほどよい苦みとまろやかな口当たりのアルトタイプ味、色ともに男性的なイメージのビールです。北海道開拓の功労者として知られるクラーク博士の名前にちなんでいます。




【ハリー(ヴァイツェン)】
小麦麦芽を使用。フルーティな香り、繊細で爽やかな飲み口 が人気です。「ハリー」とはクラーク博士の夫人の名に由来しています。



6)オホーツクビール

オホーツクビール


オホーツクビールは、北見市にある丹精込めた酵母入り地ビールです。
麦芽は主に隣町の端野町で収穫された二条大麦、ホップはドイツ・ハラウタ産、チェコ・ザーツ産を使用して製造しています。
オホーツクビアファクトリーでは、お手頃価額で地ビールを料理がいただけます。




【オホーツクエール】
イギリスの伝統的なエールスタイルで、中濃色でキレと苦みのある大人の味になっています。豊かな味わいと芳酵な香りが特徴です。味の濃いお料理(牛肉やソーセージ、洋風な味付け)によく合います。食後にゆっくりお楽しみいただ
くのもお勧めです。飲み頃温度は、7~8度です。

・アルコール分:約5.5%
・上面発酵:4週間




【オホーツクピルスナー】
チェコのピルゼンで発展し、世界的にも有名なチェコのピルスナーをアレンジしています。
日本では一番スタンダードな淡色ビールであり、後味に少し甘みを残し、ホップの苦味を控えめにしたマイルドな味わいです。口当たりの良さと、ファインアロマホップの芳香が特徴です。
さっぱりとしたお料理(煮物、焼き物、魚料理や和風の味付け)によく合い、食前の乾杯
にもお勧めです。飲み頃温度は4~5度です。

・アルコール分:約4.8%
・下面発酵:8週間




【オホーツクヴァイツェン】
バイエルン地方で発展したヴァイツェンスタイルで、小麦麦芽を50%以上使用した淡色
(一部濃色もあり)ビールです。苦味が弱く、炭酸ガス含有量が多いので、清涼感と独特の風味があります。苦みが少なく、女性にお勧めのビールです。?レモンの輪切りを添えるのもお勧めの飲み方です。飲み頃温度は4~5度です。

・アルコール分:約5%
・上面発酵:3週間



7)ノースアイランドビール

ノースアイランドビール


ノースアイランドビールは、カナダで修行した2人のブルーマイスターが醸造している地ビールです。修行で学んだことは「Beer is Art」。奥深いビール造りをノースアイランドビールは提供し続けています。
定番ビール6種のほか、限定ビール、シーズンナルビールもあります。


【ピルスナー】 日本でもっともポピュラーなビールスタイルであるピルスナー。軽快な飲み口に加え、香味ポップを十分に使用することで、爽やかな香りが楽しめます。



【ブラウンエール】
カラメル麦芽の香ばしさとホップの香味、上面醗酵ならではの豊潤な香りとコクを楽しめます。 香り・味・コクのバランスが絶妙な、飲み易さと味わい深さが調和しています。




【スタウト】
ロースト麦芽の焙煎香と上面醗酵による香り・コクが複雑に絡み合い、まるでビターチョコレートのようなフレーバーの、濃厚で奥深い味わいの黒ビールです。




【ヴァイツェン】
北海道江別産「ハルユタカ」小麦使用。 ヴァイツェン特有のフルーティーな香りと小麦の優しい旨みが特徴です。 苦味を抑えた爽やかで飲み易い小麦ビールとなっています。




【I.P.A(インディアペールエール)】
柑橘類のような爽やかな香りのアメリカンポップをふんだんに使用した、鮮烈な香りと強い苦味が特徴です。クセになったら止められない魅力を持った人気のビールです。




【コリアンダーブラック】
コリアンダーの爽やかな香りが特徴の黒ビールです。



まとめ


いかがでしたでしょうか。
北海道には本当に様々なビールがあります。
ここでご紹介できなかったものもまだまだあり、今後も新しいビールが登場してくるでしょう。
北海道旅行へ行きたくなったのではないでしょうか。
その際は、是非おいしいビールとおいしい食で満喫してもらいたいと思います。




↓現在ご覧のサイトが簡単無料で作れます↓




旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
1
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!